カテゴリー: 映画評

嫌悪に充ちた美と北杜夫と三島由紀夫と園子温 / 「ベニスに死す」ルキノ・ヴィスコンティ

1005480_l.jpg
『ベニスに死す』公式サイト
トーマス・マンの『ヴェニスに死す』を読んだのは、中学生の時だった。なぜこのような死と没落と少年愛という禁忌に満ちたテーマの作品をわたくしが読むことになったかといえば、それは先ごろ亡くなった北杜夫の影響です。北杜夫はトーマス・マンの大ファンで、自分のペンネームも実はトーマス・マンの『トニオ・クレーゲル』からとったものでした。… 続きを読む

マーラーとカフカと田村隆一 / 「恋の罪」 園子温

恋の罪01
映画館の暗闇が引けたときに座席に座りこみながら、まず思いだしたのは、G.バタイユの次のような一節。

おまえは、どんなものにも、あからさまな貌と隠された貌とがあることを知らねばならない。おまえの顔立ちは高貴だ。(中略)だがおまえのドレスの下にのあの軟毛に包まれた部分が、おまえの唇ほどの真理を持たぬわけではない。あの部分は、ひそかに汚物へと開かれている。あの部分を抜きにしては、あの部分の用途につながれた屈辱をぬきにしてはおまえの眼の命ずる真理もしみったれたものになってしまう

続きを読む

「しあわせだよ」の嘘/ 『監督失格』平野勝之 

o04300640kantoku64_large_nocopy.jpg
「監督失格」公式サイト
この映画を観て、2つだけ自信をもって断言できることがある。身も蓋もないこと承知。
ひとつめは、林由美香という人が自転車旅行でのテントでつぶやく「しあわせだよ」という言葉がほんとうの言葉ではないということ。… 続きを読む

あの島のかたちは・・・「アンダーグラウンド」 エミール・クストリッツァ

und.jpg
アンダーグラウンド - goo 映画

もう何年も前に観たこの映画について、ひとつだけ確認したかったことがある。
それはラストシーン。
鵞鳥か何かの白い鳥が列をなし水辺にあがると、その向こうの岸辺では何か楽団とともに酒宴が行われている。… 続きを読む

パニック映画の機能美「コンテイジョン」/スティーブン・ソダーバーグ

contagion-posters_20111226195943.jpg
「コンテイジョン」公式サイト
スティーブン・ソダーバーグのクールな作風に慣れてない人には全くオススメできません。
シネコンの娯楽作として、パンデミックの恐怖をエンタメ化した作品を想像した人にも難しいでしょう。この作品にはお涙もありません。さらには恐怖すらもそんなに描きこまれてません。けれど秀作です。いかにもソダーバーグらしい作品。… 続きを読む

みんなで集まるサッカークラスタ大忘年会 -神田サッカーナイト2011-

kanda02_20111217173734.gif

サッカークラウタゆく年くる年ラウンジ忘年会「帰ってきた神田サッカーナイト2011」
毎年恒例のFWF忘年会ですが、すでにサッカーサイトとしての機能が薄まりつつ(笑)、それでも決行するのがどうかと思い、場所が神田となったことから、「帰ってきた… 続きを読む

無音のマティーニ/「ゴモラ」 マッテオ・ガローネ

blog_import_4d11688b924da.jpg
「ゴモラ」公式サイト
静寂な映画である。どういうことかと思うほど、音楽が全くない。
エンドロールにほぼ初めて音楽らしい音楽が出てくる。これがまたセンスのいいミニマルミュージックなのだが、そういう趣味が出せる作り手が全く音を出さなかった。… 続きを読む

Top