「薄っぺらい逆張り」の批評を招き寄せる『シン・ゴジラ』そのものに映画の薄っぺらさは存在しないのか


13724746_1098058303564803_1598654218_n

『シン・ゴジラ』が大変な好評のようで、日本映画でこんなにまでみなさんの話が弾むというのはとても良いことではないかと思います。

しかし、あまりにも熱狂的に迎えられているのが昂じて、この映画に少しでも疑義を唱えると、もはやネットではそれすなわち「逆張り」ということになってしまうようです。しかしまあ相変わらず庵野さん、吸引力ありますね。

 

 

わたくしは早々にこの映画を観て、まあよかったですけど、だからといって絶賛するほどでもないだろう、と思っておりました。また同時にこの映画がいくつかの理由により強い支持を受けるだろうとも思っておりました。

そうして絶賛の声が高まるにつれ、まあ良かったけど、そこまでのもんかいな・・・と思ってしまっていたわけです。で、『シン・ゴジラ』批判意見が、ついに「逆張り」扱い(笑)

これはですね、例えばラーメン二郎を絶賛している信者「ジロリアン」の方に、うーんオレは今イチだったかな、という二郎食後の感想をもらしたとたんに、こんな美味しいものをわからないなんてオマエは逆張り野郎だとか食ってかかられたり、ラーメン二郎を否定するにしろ批判の技術が必要だとか言われているようなもので。いや別に感想にそんなもんいらねえだろ(笑)

では、あまりにも早すぎた故にあんまりネタバレにもなることもあろうことかと控えておりましたが、この映画が今ひとつと思うそのポイントを自分なりにそろそろまとめておきます。

(1)あんなインチキ外人がドヤ顔でこれみよがしに出しゃばられても・・・
(2)怪獣がそんなに怖くない
(3)怪獣をダシに使った政治劇がオタクのファンタジー・・・
(4)庵野信者の同窓会には参加できません

以下、解説していきます。

 

(1)あんなインチキ外人がドヤ顔でこれみよがしに出しゃばられても・・・

THE VERY BEST OF ごっつええ感じ 1 [DVD]
あんな素っ頓狂な「大統領特使」は世の中にはいません。仮にも日米関係のリアルを下敷きにした映画を狙ったのであれば、あんな『ごっつええ感じ』の Mr. BATER(ミスター・ベーターレベルのインチキアメリカ人を出してはダメです。「あのな今日パーティー行かなあかんねん」、そういうコントのレベルのアメリカ人です、アレは。

もちろんこれは俳優の語学力とか発音云々という話ではなくて、もう存在そのものがダメです。峰不二子もどきのテイストが、さらにもうなんだか脱力させられて、この映画の価値を毀損する最大のポイントとなりました。しかもこれが重要な役どころなんだなあ。残念ながら。

 

(2)怪獣がそんなに怖くない

これは「ゴジラ」がシリーズであることの宿命ではあります。最初からゴジラとはなんぞやというのはネタバレですから。しかし、それにしても全く怖くない。自分はモンスター映画を期待しておりましたし、そこをどう表現していくのか、そこが最大の見どころでしたので、拍子抜けでした。

クローバーフィールド/HAKAISHA (字幕版) 海外ゴジラ作品がピンとこなかった人達がそう言うのもわからんでもないんですが、ゴジラを日本が取り戻した的な映画ナショナリズム言説もいくつか拝見しました。が、モンスターに踏みつぶされる一般人側を延々と描いた『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)を持ち出すのもどうかという気もしないではないですが、単純にモンスター映画としてのクオリティとしてどうだったのか、という点においては残念ながらまだまだかと。

まあこの映画は怪獣をダシにした政治劇なわけで、そこは大目に見る必要もあるかと思いますけれど。では、その政治劇としてはどうだったのでしょうか。

 

(3)怪獣をダシに使った政治劇がオタクのファンタジー・・・

ゴジラ ゴジラというのは、いわば『ゴジラ・ナショナリズム』というものがあると言ってもいいんじゃないかぐらいに、政治テーマに相性がいいです。それが計算されたものかはどうかは別にして、ファーストゴジラは政治性が電流のように帯びている映画でしたし、それ以降もこのパターンが続きます。ゴジラは対米関係というものをも時代時代で考える物語装置ともいえるかもしれません

こちらについては『ファーストゴジラが表象する恐怖』をご覧ください。

さて、自分はてっきり庵野さんのことですから『シン・ゴジラ』に終末観に彩られた内面とリアルが混在したような物語を想像していたのですが、ところがこの映画はそうではありませんでした。ある意味エンターテインメントに徹して、怪獣にフューチャーしたのではなく、あくまでも政治劇としてつくられました。

たぶんこの映画を評価する人はそこの部分に共鳴している人が多いのではないかと思うのですが、見当はずれではないですよね?

で、その政治劇がですね、変わり種のテクノクラートが大活躍する、いわばオタクのファンタジーなんですよ(笑)

それはまあ斬新ではありましたし、面白かったところでもあるのですが、それでモンスターと対峙するオタクという図式を頭の中で描いてしまうと、結局コレ子供の怪獣ごっこじゃないの?という感想になってしまうわけです(笑) 前述のとおりゴジラそのものが怖くないのでなおさらですよね。

しかも、結局世襲政治家とテクノクラートの話なのかあ・・・と考えると、ごくごく個人的にではありますが暗澹たる気持ちが。まさに日本ナショナリズムですねえ。まあ、この方面はいろいろ語る余地はありそうで、実際にそういう論評もされている人が多いようですが、まあなにを今さらという感じも自分にはなきにしもあらず。

 

(4)庵野信者の同窓会には参加できません

皆殺し映画通信 冥府魔道 この映画の公開に先立って『皆殺し映画通信 冥府魔道』の対談記事で、モルモット吉田さんが「どうせヤシマ作戦みたいなの延々やるんじゃないのか」と予想していましたが、ズバリ当たりました(笑)

最後に日本を救うべく立ち上がったオタクたちが屹立するかのように、なんだかよくわからないビルの屋上?の仮設ステージみたいなところに指揮所を設置してゴジラ退治にあたる。で、電車に爆弾つけて体当たりとかコンクリートポンプ車・・・ですか。まあそれも子供の頃に、ゴジラのソフビに、ミニカーやプラレールを立ち向かわせていた怪獣ごっこっぽくってワクワク感はあるのですけれど、まあそれにしても・・・。

というか、あの指揮所みたいなとこ、作戦決行日に雨降ったらどうするつもりなんでしょうね。傘さしたりカッパ着たりするわけですかね?

こういうところも含めて、なんともはやな庵野ワールドを堪能できるわけですが、自分はそういうのにシンパシーはないのでちっとも心に響きませんでした。庵野信者の同窓会に放り込まれてなんとも気まずい思いをしているような心境です。まあそもそもあのインチキ外人女の素っ頓狂っぷりも庵野ワールドではあるわけですよね。なんというかダメ、ムリっす。

 


 

 

・・・さて、ここまでくさしておきながらも、この『シン・ゴジラ』が面白い映画であったことは間違いないでしょう。庵野さんらしく、相変わらずの、目の覚めるようなショットや、映画愛をこれみよがしに発露するようなディティールは大いに楽しみました。こういうところは素晴らしい。

しかしまあだからといって、総合的に評価して、史上空前の名作みたいなのはないでしょう。そこまで興奮するようなものでもない。よくできました。さて次の映画を観に行くとしましょうか、というレベルだと思います。

 

いわずもがなですが映画の評価はそれぞれの個人の世界に属するものですので、だから皆さんの評価はもちろん尊重しますが、自分の評価と違うから「逆張り」とかいうのもこれまたどうかという話なわけですね。薄っぺらい批評を招き寄せるのは、映画そのものが薄っぺらいからということもありますからね。

 

関連記事


Top