過去30年間の『重要なインディペンデント映画30本』


メモとしてとっておきましょう。
「米インディペンデント・フィルム&テレビジョン・アライアンス(IFTA)が、創立30周年を記念して過去30年間の『重要なインディペンデント映画30本』」
◇1980年代
「アマデウス」 ミロス・フォアマン監督
「ブルーベルベット」 デビッド・リンチ監督
「ダンス・ウィズ・ウルブズ」 ケビン・コスナー監督
「U・ボート」 ウォルフガング・ペーターゼン監督
「ガンジー」 リチャード・アッテンボロー監督
「マイ・レフトフット」 ジム・シェリダン監督
「エルム街の悪夢」 ウェス・クレイブン監督
「プラトーン」 オリバー・ストーン監督
「セックスと嘘とビデオテープ」 スティーブン・ソダーバーグ監督
「ターミネーター」 ジェームズ・キャメロン監督
(選外佳作:「キリング・フィールド」「ラストエンペラー」「悪魔の毒々モンスター」)
◇1990年代
「ブレイブハート」 メル・ギブソン監督
「グリーン・デスティニー」 アン・リー監督
「ファーゴ」 ジョエル・コーエン監督
「フォー・ウェディング」 マイク・ニューウェル監督
「ライフ・イズ・ビューティフル」 ロベルト・ベニーニ監督
「パルプ・フィクション」 クエンティン・タランティーノ監督
「レザボア・ドッグス」 クエンティン・タランティーノ監督
「羊たちの沈黙」 ジョナサン・デミ監督
「ユージュアル・サスペクツ」 ブライアン・シンガー監督
「ハートブレイク・タウン」 マーク・ロッコ監督
(選外佳作:「氷の微笑」「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「トレインスポッティング」)
◇2000年代
「ブロークバック・マウンテン」 アン・リー監督
「クラッシュ」 ポール・ハギス監督
ハート・ロッカー」 キャスリン・ビグロー監督
イングロリアス・バスターズ」 クエンティン・タランティーノ監督
「JUNO ジュノ」 ジェイソン・ライトマン監督
「ロード・オブ・ザ・リング」 ピーター・ジャクソン監督
「ミリオンダラー・ベイビー」 クリント・イーストウッド監督
「モンスター」 パティ・ジェンキンズ監督
「戦場のピアニスト」 ロマン・ポランスキー監督
スラムドッグ$ミリオネア」 ダニー・ボイル監督
(選外佳作:「ボウリング・フォー・コロンバイン」「メメント」「トワイライト 初恋」)
『インディペンデント映画』というコトバの使い方・・・というか、映画の予算感の違いが如実にわかるラインナップでもあります。
「ターミネーター」とか「ラストエンペラー」が『インデーズ』というのは違和感あるよなあ・・・。

関連記事


コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top