サッカーを愛するひとにできること -Football saves Japan-


震災があった当日、その被害の状況をテレビで見たNPOハマトラの仲間から電話がすぐにありました。
これは何かハマトラとして、ヨコハマのサポーターとしてやらなきゃダメでしょう、というものでした。
もともと、NPOハマトラは、サポーターの組織力や熱い魂、そして何よりも世代や性別や職業やコミュニティを超えた連帯と組織力を、サッカー以外の場所でも有効に活用して、それが逆にサッカーカルチャーを盛り上げていくという構図のもとにつくった組織。
今こそやらねば、いつやるのだ!という機会だと考えていたので、そういう考えを仲間が共有してくれていたのは、ハマトラをNPOとしてまとめていった自分としては、本当にうれしいかぎりでした。
それから、すぐにNPOハマトラとして声明を出し、マリサポの結集を呼びかけました。
◇Jリーグサポーターにできること -NPOハマトラは東北地方太平洋沖地震の支援活動を行います-
あせるな!という意見もあったのですが、阪神大震災などの過去の教訓から、初期から動き出さないといろいろな準備が間に合わないという確信があり、そのままみんなに進めてもらうことにしました。
そこから、ふと考えました。
これは、別にクラブチームの垣根を越えてやるのがいいのではないか、と。
こういうときぐらい、そういう連帯は許されるべきだし、しなければならないのではないか。
「連帯」とかを集団行動として嫌がるひともいるかも知れません。
つるまないで、オレはオレでやる。
それはそれでいいことなんですが、たいがいはまとまって何かをするほうが、パワーになるということは、サポーターの皆さんならよくご承知なハズです。
そうしたら、やっぱり同じようなことを考えているひとはいるもので、Jサポ横断して、何か声明を出すという動きがあるのを察知し、人伝手を介して、そのひとにたどりついたりして、こんなムーブメントが出来上がりました。
fsj2.gif
でも、これはあくまでも宣言で、何かをはじめるのはそれぞれ皆さんの判断。
で、それならばということで、ヨコハマでの動きは、残るNPOハマトラの佐々木さん、以下の有志の方々にまかせて、自分はこんなことを進めております。
【詳細決定】3/26(土)のサッカーミュージアム物資集積
こんなみんながまとまってやらなきゃならないときに、あのひとはダメ、このひととは出来ないみたいな声もチラホラ聴こえてきたりしますけれど、そういう人はごく少数派ですね!
こうして書いているうちにも、会ったこともない山形や大宮の行動力あるサポが、段取り進めてくれていたり、何もいわないのに、いつもの仲間は、先回りして動いていてくれたりしてます。
この震災については、長期戦覚悟の話です。
その他の話も進めていたりしますので、出来る限りご協力くださいませ。
◇最近の近況
ブログ全く更新してませんでした。
年末に、マリノスの移籍問題から端を発したいろいろな出来事をとりまとめたりして、それが終わってからは、いろいろ私事ありながら、ヨコハマ・フットボール映画祭をやったり、その来年の準備がちょっと完了したら、今度はこの地震でFootball saves Japan。
映画が全く今年に入ってからみれてません。
年間120~140本観ていたオレが、今年観たのは5本?
しかも、クソ忙しい中でムリして観にいった「ソーシャルネットワーク」と「英国王のスピーチ」がクソつまらなかったり!
なんとか、落ち着きたいですね(笑)

関連記事


コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top