「リリー」 チャールズ・ウォルターズ 

lili_20120104012905.jpg
リリー - goo 映画

1953年MGMのミュージカル映画。小品風情のストーリーですが、世評は高いですねえ。
bscap0004nn7.jpg
父の死によって孤児となった16歳のリリー(レスリー・キャロン)。
ひょんなことからサーカスの一団に職を得るが、少しぼーっとしたこのコはすぐにクビになってしまう。
行き場がなくなったリリーに呼びかけたのは、人形劇のマペット。このマペットとの共演が評判になるものの、これを操る元ダンサーのひそかな恋心は通じることがない。
ある日、リリーが心を寄せる手品師の男がサーカスを出ていくことになり、それを追うリリーに元ダンサーは嫉妬して頬を叩く。おこったリリーはサーカスを出ようとするのだが・・・。
この映画、なんといってもまずはレスリー・キャロンを好きになれるかで評価がほとんど決定してしまうのでは。MGMのミュージカルにしては、非常にこじんまりとしていて、そこがどうしても評価の分かれどころになってしまうかと思います。
そもそもマペットと本気で話をしたり、手放しで可愛いとはとてもいえない少女顔で、ヒョコヒョコと見ず知らずの男についていくところなど、自分には単に「あどけなさ」では片づけられない能天気さが気にかかり(笑)、最初から最後までなんともはや。
ラストにマペットたちと踊るシーンの面白さはありましたが、とりあえずそこまでというところでしょうか。
まあ「名作」にこんなこと毒づいても仕方ないとは思いますが(笑)
そんなわけで好きな人すみません。

渋谷シネマヴェーラ特集「映画史上の名作6」にて。
フィルム、だいぶ傷んでましたねえ。

関連記事

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top