細かすぎて伝わらないモノマネ映画 /『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』


iron-lady-tease.jpg
サッチャーの英国治世を、ざっくりと振り返るならば「サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育」(森嶋通夫)が良い。
功罪様々なサッチャーを理解することが出来る名著である。
なお、この森嶋氏には「ブレア時代のイギリス」という著書もあり、これも面白い。
この映画の宣伝文句をつらつらと読んでみると、英国経済を立て直したとか新自由主義へ舵を切り英国再建を断行したうんぬんというのが書いてある。
このような浅はかな歴史解釈の書き手を非難するつもりはないのですが、正直どうかと思いますよ。というか、この映画を観て単純にサッチャーを尊敬しますというような感想を書いている人は、イギリス現代史に無知ですと表明しているようなものなのではないか。ケン・ローチは泣いていますよ(笑)
120111_iron_lady_posters_328.jpg
とはいうものの、映画は現実の政治を語るための素材ではあるかも知れないけれど、それだけのものではない。右派のババアとしても、メリル・ストリープがやるならば観に行かねばなりません。そんなわけで行ってきましたよ。
で、結論なんですが、表題のようなものになります。
単にサッチャーに似ている似てないなら、ものまね芸人でいいじゃん(笑)
かつての栄光と非難に彩られた歴史に残る宰相の晩年から振り返るというならば、もっともっとメリル・ストリープに喰いつくカメラもなんとかしようがありそうじゃないですか。脚本も愛憎織り交る政治家の厭らしさとか執念とかに、もっと入っていかないと。
田舎の食糧品屋の娘が政治家になるんですよ。しかもバリバリの右派なんですよ、娘のクセに。
あんな半開きのクチをあけた眠そうな目の女と人の良さそうな軽薄な男の恋愛話のエピソードだけがクローズアップされるわけですか、そうですか。
シンデレラストーリーみたいに進んでいく権力への道。政治ってそんなもんなんですかね。そして、シンデレラストーリーの中の試練はフォークランド戦争。死んだ兵士の家族に手紙を直筆で書いたなんていう話で、わたしはごまかされませんよ(笑)
そんなわけで、細かすぎて伝わらないモノマネ選手権みたいなこの映画の志の低さと、この時期にオスカーとか受賞する反動性に、メリル・ストリープ主演の映画で初の低評価をピン止めしておきます。
FWF評価:☆☆☆★★

関連記事


コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top