この映画を誰が愛せばいいのだろうか / 「オーストラリア」 バズ・ラーマン 【映画】

australia_poster5.jpg
いきなりですが、日本軍の描き方をめぐってヘンに政治的なかんぐりで、この映画を非難する意見について。
日本軍が隠喩である「嵐」を現実化したものであるのは明らかで、それが通り過ぎたあとに、ひとつの変転が訪れるきっかけになるということは映画の中で繰り返し言及されている。… 続きを読む

ぷるぷる映画 / 「誰も守ってくれない」 

◇「誰も守ってくれない」公式サイト
20d5e4a4.jpg
この映画、カメラがずっとプルプルプルプル震えてるんですよね。
最初、迫真シーンの臨場感を伝えるためかとポジティブに理解してたんだけど、ずっとプルプル続いて、感動っぽいシーンでもプルプル、主人公格の志田未来のキメの瞳の演技でもプルプル。… 続きを読む

ちょいワル親父なんてこんなもんさ / 「エレジー」 【映画】

◇「エレジー」公式サイト
elegy-poster-big.jpg
たとえば、悪い親父と小娘の恋愛といえば、まずは思い出すのはベルトリッチの「ラスト・タンゴ・イン・パリ」
得体の知れないハゲオヤジ(落武者風)の荒くれに翻弄されつつ、最後に立場が反転する仕掛けが大変印象的な映画であった。… 続きを読む

幸福なアメリカ人の暴走 / 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 【映画】

revolutionary-road-dicaprio-winslet.jpg
日常の生活に潜む「絶望的空虚」を見出してしまった嫁を抱えて、右往左往させられるダンナの物語
・・・っていうのが一行あらすじですね。
「絶望を感じるには勇気がいる」と無粋で毒舌なメンヘル数学者が、その嫁に共感していたりするんですが、幸福と不幸の定義が反転する構造を示唆するストーリー的な仕掛けってそこぐらいですか。印象深くはあるシーンではありましたが。… 続きを読む

主役の顔は大切ですね / 「プライド」 【映画】

090731pride02.jpg
少女マンガが原作ということで、まあそういうストーリーなんだろうなあ、と肩の力を抜いて見に行きましたが、そういうお話でした。
場面展開もストーリー仕立ても独特な少女マンガフィーリングです。それに耐え忍ぶことによって、はじめて何ごとかの感想を語り始められる映画です。… 続きを読む

引き出しの中の雑然とした夢 / 「ワンダーラスト」 マドンナ 【映画】

Filth20and20Wisdom(2008)(.jpg
果たして、この映画がマドンナ監督というのを完全に伏せていたならば、日本で見れたのだろうか?という疑問は最後まで払底できない。
インド人の子沢山で嫁には頭が上がらないインド系の薬局の主人。… 続きを読む

戦闘シーンは完璧です・・が / 「戦場のレクイエム 」 フォン・シャオガン  【映画】

U2224P28T3D1843629F326DT20071220152028.jpg
ようするに、国共内戦でがんばったのに、逃亡兵扱いされていて、戦死者扱いされてもらえなかったのが悔しかった・・・という話です。
日本でいうと、遺族年金支給されないし、靖国神社にも祀られない兵隊さんの話というところでしょうか。… 続きを読む

こういうムスリムの書き方にはうんざり / 「ワールド・オブ・ライズ」 リドリー・スコット 【映画】

body-of-lies-poster.jpg
「イスラム原理主義者は、ムスリムの教えを信じるものか、異端として排除するかのどちらかだ」というようなセリフが出てくるんですが、もともとイスラム経は、キリスト教やユダヤ教を同じ神をもつものとして、それなりに尊重しているし、その信仰をやめさせるようなことはありえない。… 続きを読む

Top