カテゴリー: 社会・政治

坂中論文の衝撃  『在日韓国・朝鮮人論の展開』 坂中英徳

在日韓国・朝鮮人政策論の展開

1970年法務省に入省し、大阪の入国管理事務所で在日韓国人・朝鮮人をはじめとする在留外国人の審査実務を経験しながら入管行政に携わってきた若き官僚がいた。 名は坂中英徳。

その官僚が、1977年に法務省の省内の懸賞論文として書いたのが、「今後の出入国管理行政のあり方について」である。

別名「坂中論文」。

この論文は、出入国管理行政の中での在日韓国人・朝鮮人行政に大きな影響を与えたばかりでなく、在日韓国人・朝鮮人社会にも激震といえるインパクトを与えた。… 続きを読む

『愛国消費 -欲しいのは日本文化と日本への誇り- 』(三浦展) -「自分らしさ」が「日本探し」に転化したとき

愛国消費 欲しいのは日本文化と日本への誇り

 

2002年のワールドカップ現象をもとに日本の若年層ナショナリズムについて分析したのは『ぷちナショナリズム症候群』

その続編ともいえるのは本書、三浦展の愛国消費 欲しいのは日本文化と日本への誇りですね。2010年の動向を探っているが、ほとんど古びていない。地元志向や家族重視というところは、例のマイルドヤンキー 』(2014)につながると思われる。そういう意味でもおもしろい。

下流社会~新たな階層集団の出現~: 1 (光文社新書) ただし、もちろんこの人はマーケッターの出身なわけだから、政治的な話には踏み込まない。もちろん話題になった『… 続きを読む

『ナショナリズムは悪なのか』(萱野稔人) -懐疑的に語られた世界共和国の夢-

新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか (NHK出版新書 361)

自分の考えを整理する意味では面白い本だったので、少しまとめてみたいと思う。

ナショナリズム批判の研究ならば日本でも多数読めるし、共産主義の崩壊以降のナショナスリズムの圧倒的なプレゼンスについて様々な角度から分析をほどこした欧州の研究もある。だが、この書は「ナショナリズム擁護」であり、それが近視眼的な政治論でもなく、日本のナショナリストのような宗教と神話の見え透いた仕掛けで語られるもののではなく、よりによって日本においてナショナリズム批判に用いられるベネディクト・アンダーソンやドゥールズ=ガタリやフーコー、さらにはネグリ=ハートまで持ち出してくるのである。… 続きを読む

おそまつな「観光立国」日本 -四国お遍路差別貼り紙の病理-

 

以前、日本の駅の構内表示にハングルがあるのはけしからん!という人をTWITTERで見かけた。

その人が言うにはソウルには日本語の表記などほとんどないということだった。韓国で日本語表記などないのに日本でやる必要はない!ということらしい。

2014-02-27 18.26.21TWITTERでそのやりとりを見ていたときに偶然にもサッカーの韓国遠征でソウルにいた。あまり気にしてなかったのだが、本当だろうかとさっそく注意して確認してみる。そして案の定そんなことはない。… 続きを読む

【仮説】 ネット右翼の起源 -憎悪のメカニズム-

0.ネット右翼とは何か

「ネット右翼」とはなにか・・・ということが語られることがある。

この言葉が一般に流通されるようになったのは、ここ数年くらいのことだと思う。おおよそのイメージでいうとこんなところであろう。

「ネットで思想形成され、その主張を主にそこで行う、「嫌韓」「反中」を軸に歴史修正主義者(復古的ナショナリスト)として政治化した右派排外主義者」としておこう。

ポイントとなる要素に分解してみよう。

(1)ネットで思想形成されている。… 続きを読む

『日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学― 』(樋口直人)について

日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学―

樋口直人氏の日本型排外主義―在特会・外国人参政権・東アジア地政学―をたいへん興味深く読んだ。

おそらく現在の日本の排外主義者(ネット右翼)の研究分析でもっともよくまとまったものだと思う。

西欧の先行する極右研究を参照しながら、特に現在流通している日本の排外主義者像を数値データを使いながら再検証する。特に、在特会を中心に30名以上の排外主義者のヒアリング(ライフヒストリー分析)から導き出した日本型排外主義者像とその形成要員の分析は、おそらく今後、排外主義者像を語る上でのベーシックなものとなると思われる。… 続きを読む

なぜ浦和レッズは李忠成選手を獲得したか  -差別横断幕の本当の原因とサッカーのチカラ

 

[1] なぜ浦和レッズは李忠成選手を獲得したか

浦和レッズのサポーターによって出された差別横断幕”JAPANESE ONLY”の問題は、今日の午前の参議院の法務委員会にまで取り上げられ、そしておそらくこれを事前に意識して、Jリーグによる浦和レッズに対する措置が決定した。

 

FireShot Screen Capture #223 - '「差別への対応として法規制の是非を議論しなければいけない」有田芳生議員・参議院法務委員会質問書き起こし' - blogos_com_article_82266有田議員・Jリーグ横断幕問題関連質疑全文

 

通例だとJリーグがこの手のクラブやサポーターの問題に処分を出すのは最短でも1週間、普通は2-3週間時間をかけて協議して決定する。おそらくこれはJリーグの担当官庁である文科省に対する国会質疑を重く見たのだろう。その結果異例の即断で、本日の発表になったと思われる。… 続きを読む

「JAPANESE ONLY」の用例について -意図的かどうかが問題なのか? 差別的横断幕「外国人お断り」について-

FireShot Screen Capture #216 - '「外国人お断り」-浦和レッズのゴール裏に差別主義横断幕 – 連載_jp – あなたの連載、はじめよう -' - rensai_jp_p_67645
「外国人お断り」-浦和レッズのゴール裏に差別主義横断幕(連載.jp)

 

この記事を書いてから、追記して記載した部分について、さらに報道が続いている。

浦和レッズのオフィシャルサイトは、「差別的解釈と取られかねない」と表現、さらにこれを受けてのものだと思うがJリーグの村井チェアマンも同様のコメントを出している。

 

FireShot Screen Capture #217 - '浦和サポ横断幕、差別意図なら厳正対処へ - J1ニュース _ nikkansports_com' - www_nikkansports_com_soccer_news_f-sc-tp1-20140309-1268141_html浦和サポ横断幕、差別意図なら厳正対処へ(ニッカンスポーツ)

 

村井チェアマン(非常にタイミングが悪いことに「熱烈な」レッズサポで知られる)は、「(Jリーグは)外国の方と交流しようとメッセージを出している。」とコメントして、「毅然と対応する」としているが、その前提条件として「差別的意図があったなら」とした。… 続きを読む

ナチスは「親日的」だったのか? -日独合作映画『新しき土』と翻訳されなかった『わが闘争』

ナチスは親日的だった?

1938_Naka_yoshi_sangoku

同盟国であり、ともに敗戦国であったからという理由から、ナチスドイツに対するシンパシーのような空気が一部に存在する。

その彼らが言うには、「ナチスは親日的だった」そうである。

だが、これは欧州のディプロマシーの中のプロパガンダをナイーブに信じ込んでしまった結果に過ぎない。現実はもっと複雑であり、ナチスの思想はもっと残酷であった。

 


続きを読む

トリックの中の「国家神道」【2】孤豚の如き-天皇家の没落と国学による「復権」

トリックの中の「国家神道」 【1】ヤマト王権の「国家神道」 からつづく

万葉集にて「大君は神にしませば」と歌われた天皇は天武天皇か持統天皇と推測されている。

663年の白村江の戦いで敗北した倭政権はやがてクーデターにより政権が変わる。敗戦の責任を取らないまま死んだ天智天皇が死去し、その子が後継に即位したことに対する謀反である。

例によって、このクーデター(壬申の乱)も兄弟親族同士の骨肉の争いである。神話の時代から天皇家はこのような血族の中でお家騒動を延々と繰り返した。だから、教育勅語にいう「父母ニ孝ニ、兄弟ニ友ニ、夫婦相和シ、朋友相(あい)信ジ」が皇祖皇宗の教え・・・などというのは大ウソにすぎないのだが、ここではあまり触れないでおこう。… 続きを読む

Top