カテゴリー: 映画評

炭酸飲料水 / 「蘇える金狼」  村川透  【映画】

04d6b3f1fc.jpg
「ハードボイルド」という世界観が、自分には昔からよくわからない。
ハードであるのは、そうであるべき理由があるはずなのに、それを全部ぶっとばして、すでに『そのように』世界がつくられている。
この用語がかぶせられた映画については、テイストが重要であり・・・というか、そのテイストのみが映画を構築し、さらには、そのテイストは時代に密接に関係しているものが多い。
例えるならば、炭酸飲料。
炭酸飲料はテイストだけが、ひたすら進化したビバレッジである。… 続きを読む

文革後の中国人を魅了した怪作 / 「君よ憤怒の河を渉れ」 

4988111285096_500.jpg
横浜黄金町ジャックアンドベティの中国映画特集にて鑑賞。

なぜに中国映画のラインナップにこの映画がはいっているかというと、文化大革命後の開放政策で、はじめて公開された日本映画がコレで、しかも大人気を博したという由

映画は、荒唐無稽。まさしく怪作。筋も仕掛けも凝りに凝っていながらも、おいおいそりゃねえだろう!?という展開で映画ひたすら続く。その時間、2時間超。良くも悪くも、確かにスクリーンから目は話せない類の映画。つっこみどころ満載。そして、高倉健の演技うんぬんではない存在感一発の立ち居振る舞いが独特のテンションを映画に与える。そして、本当に脱力系のBGMのオンパレードが、さらに映画の謎を深める。… 続きを読む

疾走するモダン・ラブ / 「汚れた血」 レオス・カラックス 【映画】

MAUVAIS20SANG.jpg
とある映画を観にいこうとして、上映館を間違えた。
そんなわけでたまたまやっていたジュリエット・ビノシュ特集で、レオス・カラックスの「汚れた血」を観ることになった。20年近く前に観た映画である。
映画館の暗闇の静寂に溶け込んだような青に支配された光景と、ひたすら走り続ける登場人物たちを観ながら、その20年に思いを巡らす。
そして、そのうち、今の自分と20年前の自分の速度の違いに気づかざるをえなくなった。
登場人物は疾走する。… 続きを読む

懐かしい気分にしてもらいました / 「SR サイタマノラッパー」 入江悠  【映画】

◇「SR サイタマノラッパー」公式サイト
018eb7d3-s.gif
懐かしい気持ちになれる映画というのは、自分にとって、それだけで傑作である。
地方都市の小さなヒップ・ホップシーンをコミカルな舞台まわしにしながら、あてどもないモラトリアムからの脱出を無邪気に夢見るどうしようもないアダルトチルドレンの物語。
「青春」という言葉を使ってもいいのだろうけれども、これはさらに現代風なリアルな設定がしてある。高校卒業後、すでに何年も無職。アルバイトすらもしていない。… 続きを読む

向き合うこと / 「帝国オーケストラ」 【映画】

◇「帝国オーケストラ」公式サイト
reichsorchester_plakat.jpg

 あらすじ:
 “ナチスのオーケストラ”と呼ばれたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
 ヒトラー政権時に一時国営化され、プロパガンダに利用されることになる。
 退団したユダヤ人メンバーのことや、ナチスの党員だった数人のメンバーのこと。
 そして外国への慰問演奏会などについて、当時の楽団員が貴重な証言をする。
  シネマトゥデイ

ディレクターズカット版の公開に寄せて、サンチェス=ランチェ監督は次のようにコメントしている。… 続きを読む

監督クリント・イーストウッドの時代 / 「チェンジリング」 C. イーストウッド 【映画】

changeling_poster01.jpg
過剰な演技を排した登場人物は、映画の物語に押し流されながら、独自の印象を残していく。淡々とした演出は、物語の壮絶さや残酷さをうまく調和させるバランスを果たしつつ、微妙な風合いでスクリーンに溶かし込まれている。
これはイーストウッドの監督映画の基本パターン。
考えるに、アンジェリーナ・ジョリーは、そもそもそういう女優である。
残酷な社会に翻弄されながら、それに立ち向かっていくことをやめない母親の弱さと強さを的確に表現していることに感嘆する。そして、アンジェリーナ・ジョリーのその資質を計算づくで見出し、そしてこの物語に起用した監督力に脱帽する。… 続きを読む

ロードムービーとはかくあるべし / 「太陽に恋して」 ファティ・アキン 【映画】

im_juli_web.jpg
学校で生徒にバカにされるような、しがない教師が、日本でもよくいる街中のアクセサリー売りの女のコに出会い、そこから始まる偶然の恋が、彼を路上に連れ出していく。
破天荒なストーリーに、一筋縄ではいかない魅力的な人物が重なりあいながら、それでもすべてのエピソードは主人公を祝福するかのように丹念に結びついている。
パンク野郎のファティ・アキンのユーモアや笑いのツボが、下卑たものから、スラップスティクなものまで、縦横無尽に織り込まれ、そしてかつ、映像は美しい。… 続きを読む

演技技巧の快感とだまし絵のストーリー / 「ダウト」 ジョン・パトリック・シャンリー 【映画】

◇「ダウト」公式サイト
doubt-poster.jpg
ジャズやロックだと、ソロ楽器による「バトル」というものがある。何小節かずつソロを交換しあうなかで、その巧みさを競い合いつつ、ひとつの曲として成立させるものだ。
映画「クロスロード」みたいなのは大袈裟としても、そういう技巧の競り合いが生み出す緊迫感は、やはり堪えられない味わいがある。
この映画は、まさにそれ。
演技の技巧のソロ交換が作り出す快感を得るための映画。クロースアップの表情の交換が延々と物語を作り出していくことに素直に圧倒される。… 続きを読む

この映画を誰が愛せばいいのだろうか / 「オーストラリア」 バズ・ラーマン 【映画】

australia_poster5.jpg
いきなりですが、日本軍の描き方をめぐってヘンに政治的なかんぐりで、この映画を非難する意見について。
日本軍が隠喩である「嵐」を現実化したものであるのは明らかで、それが通り過ぎたあとに、ひとつの変転が訪れるきっかけになるということは映画の中で繰り返し言及されている。
そして、その嵐のあとに、ひとつの大団円に近い結末が示されているのであるのだから、むしろそのカタルシスを呼び込んだ善悪を超えた存在だったと理解していいのではないか。… 続きを読む

ぷるぷる映画 / 「誰も守ってくれない」 

◇「誰も守ってくれない」公式サイト
20d5e4a4.jpg
この映画、カメラがずっとプルプルプルプル震えてるんですよね。
最初、迫真シーンの臨場感を伝えるためかとポジティブに理解してたんだけど、ずっとプルプル続いて、感動っぽいシーンでもプルプル、主人公格の志田未来のキメの瞳の演技でもプルプル。
プルプルプルプルずっとプルプル。
ハンディカメラがドキュメンタリータッチの演出で・・・云々というのは、どうなのかな。最後までプルプルしていて、どうでもいい風景描写では固定カメラというならば、それは単に予算がなかったということなんじゃないでしょうか?… 続きを読む

Top