3分でわかる山本一郎(やまもといちろう)氏の現在 -アルファブロガーのパンドラの箱 


 

著名ブロガーであり、投資家、著作家、企業家にして、最近ではテレビのコメンテーターとしても活躍されている山本一郎(やまもといちろう)氏の近辺がなにやら騒がしくなっているようです。

事の発端は、映画評論家の町山智浩氏が、自身が出演するMXテレビの番組に、映画『この世界の片隅に』に出演した能年玲奈さんを出演させようとしたところから始まります。

ところが、事務所からの独立問題で「干されていた」ために、番組に圧力がかかって出演が中止。この事実を町山氏が暴露したところ、そこへ現れたのが山本一郎氏。

不思議なことに山本氏は、事務所からの圧力はなかったのではないかと主張し、町山氏を批判。ここからのお話です。

ここから山本一郎氏をめぐる壮大な謎と迷宮のパンドラの箱が開きつつあるという現在ですが、あまりにもスケールが大きな山本氏のご活躍でありますので、その全貌がつかみづらいという方もいらっしゃるかと思います。

また山本氏の存在をここ数年で認知された方は、その舌鋒鋭い論評やtwitterなどでの攻撃的なネット芸風に魅了されている人も多いかと思います。ところが、すでにかれこれ10年前から、山本氏をめぐる疑惑は根強くネット民の一部でささやかれ続けており、その百戦錬磨のネット民でさえ、かえってその謎の大きさゆえに山本氏をめぐるダンジョンが攻略本でもなければ迷ってしまうほどのスケールです。

以下は、今回、『この世界の片隅に』から始まった騒動が、どのように山本氏のパンドラの箱をあけつつあるのか、簡単なまとめです。

みなさまのご理解の一助になれば幸いです。

 

 

【3分でわかる山本一郎(やまもといちろう)氏の現在】

 

(1)映画「この世界の片隅に」の能年玲奈の事務所からの圧力問題について、山本一郎が事務所側を擁護する論旨の主張を展開

 

(2)町山智浩氏がそれに反撃し、最終的に山本一郎は沈黙

町山智浩氏、「事務所からの圧力論争」で山本一郎氏を論破

 

(3)なぜ「圧力はなかった」と事務所をかばうのか。どうも山本一郎はおかしい・・・ということで、町山氏が追撃開始。

 

(4)以前から囁かれていた、企業の不祥事をもとにネット事件師的な動きをしているとされる、山本一郎の「総会屋2.0」疑惑がクローズアップされる。

“総会屋2.0″山本一郎(やまもといちろう)氏の検証

 

(5)さらに古参のネット住民なら耳にしたことがある、山本一郎の壮大な経歴疑惑について、あらためてフィーチャーされ、再検証がはじまる。

・ストックホルムで会社建てて20人を雇用していた・・・ってホント?

ストックホルム(スウェーデン)をフィンランドと間違えて自爆

 ・年間90日を海外で暮らしている・・・ってホント?

  →「今日も実に良い日だった」のツイートの時間解析で国内にいることが発覚?

 ・自称している「IQ190」・・・ってホント?

  →町山氏にIQテストを受けようといわれて逃亡か

 ・100億稼いだことある・・・ってホント?

  →納税記録にさしたる証拠もなく、その法人も登記がなく、疑惑深まる

貴殿が百億円稼いだって本当ですか?
税金に詳しい方のお知恵を御貸しください

 ・肩書は「投資顧問業」・・・ってホント?

投資顧問業の登録がなく、その会社の登記も存在せず、「詳細をいずれ出す」といって10年経過。

・ソ連の8月クーデターを目撃した・・・ってホント?

それが真実であれば「世界的スクープ」のはずなのだが・・・

 

これらも含めて山本一郎の虚言癖疑惑はネット古参民の一部では周知の事実だったため、次々と過去の疑惑が引きずり出される。

切込隊長の凄まじい経歴

 

町山智浩氏が、山本一郎氏の経歴に虚偽があるとツイートしている。事実ならホラッチョ川上氏以上の問題となる。なぜなら…

 

 

(6)過去に差別発言や排外主義的発言を繰り返してきた「元祖ネット右翼」の過去もあらためてフィーチャーされる。

ネトウヨ批判で稿料を稼いでる山本一郎はネトウヨだった

 

(7)これらがクローズアップされ、過去の暗部を知った水道橋博士、小田嶋隆、津田大介等が参戦。また実際に山本一郎氏本人を知る人たちの過去の証言もあらためて浮上。

水道橋博士
上杉タブー。百田タブー。山本タブー

小田嶋隆
話しているうちに自然にウソが出てきちゃう人もはや水準としては症例研究の領域なので人権的配慮から言及を控えなければいけない気がしてきた

津田大介
彼をつけあがらせてるのは無批判無検証に彼を持ち上げるマスコミ人

ドワンゴ川上量生
「総論として屑」

西村ひろゆき
「虚偽の積み重ねで築き上げた名声だとしても、きちんと実力も評価されるようになって、いつかは、実力で評価される人になるといいねぇ、、とか思っていたんだけど、最後まで変わることのない人なのかなぁ」

堀江貴文
「誇大広告吹聴ネット芸人系ですから」

 

(8)そもそも同じような騒動は2006年におきていたのに・・・という指摘も

みんな忘れてるけど山本一郎は10年前の方が勢いあったのよ

 

(9)これらの疑惑や批判に対して、ついに山本一郎本人が返答。

過剰なご批評について

→疑惑には回答できず、若気の至り、家族もいるので自分はそれを守る・・・とのエクスキューズ。

 

 

 

以上、3分


 

さて、わたくし自身はこの山本一郎氏をどのように評価しているかということを最後につけくわえておきましょう。

わたくしは2000年くらいからネットの世界に足を踏み入れて現在に至りますが、そもそも山本一郎という人が、あの2ちゃんの「切り込み隊長」だということは、しばらく知りませんでした。

その後に2ちゃんの西村ひろゆき氏とトラブルをおこしたあたりで、山本氏がブログを開設し、いちやく人気を博すあたりもあまり承知することはなく、なんとなく2ちゃん出身で右派がかったこと・・・今でいうネトウヨっぽいことをいう人だという認識くらいしかありませんでした。

このため前述のとおり、すでに2006年くらいには様々な疑惑が指摘されていたり、差別的な発言をあちちこちらで吹聴して、いわば「元祖ネット右翼」のような方とも知りませんでした。

今、山本一郎氏を知っていらっしゃる方の大半もそうなのではないかと思います。そんなにネット民の追求などアングラなところでしか流通しないものですし。

そのため、山本氏が共著に名前を並べている『ネット右翼の矛盾』という著作の論考をむしろ評価していました。その分析や論考はなかなかのものだと今でも思います。

また2006年の信用失墜から立ち直ってからの(と後で知った)、ネットで華々しい活躍も見事なもんだと思っておりました。

ところが、あとから、上記の「ネトウヨ批判で稿料を稼いでる山本一郎はネトウヨだった」に書いてあることを人から教えられ、考えが一変したわけです。

 

山本氏は、先の釈明ブログのとおり「若気の至り」的なものとして、不用意な発言があったという政治家のようなまわりくどいエクスキューズをされているようです。

また、むしろ自分の過去を塗り込めるように、「ネット右翼は卒業できない」とネトウヨ批判を繰り広げ、あたかも自分の過去はなかったかのように語っていることも承知しております。

しかし、釈然としないものは残りますよね。そのへんは小田嶋さんの意見と同じくすることになります。

 

それでなくとも、これだけの疑惑があって、それになにひとつ的確に答えることができなければ、やはり、いろいろ難しいでしょう。

山本氏、かつてはショーン・Kさんと雑誌で対談されていたようですが、そのショーン・Kさんについて、ご出演されていたフジテレビの「とくダネ!」の司会者小倉智昭さんは次のように述べています。

 

小倉智昭、ショーンK氏の経歴「きちっと調べなかった我々にも責任」

小倉智昭キャスター(68)が21日に放送されたフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。19日のラジオ番組で学歴詐称を謝罪した経営コンサルタント、ショーン・マクアードル川上氏(48)について言及した。

番組では騒動後初の肉声となったラジオ番組での4分にわたる謝罪メッセージを紹介。小倉キャスターは「何でこうなってしまったのかとはっきり説明すると思ったのですが、そこは出てきませんでしたね」と感想を述べた。

川上氏は10年8月から「とくダネ!」金曜コメンテーターを務めていたが、18日の放送で同氏のコメンテーター降板を報告。小倉キャスターは「一番責任があるのはご本人ですが、経歴をきちっと調べなかった我々や制作スタッフにも責任がある」とチェック体制の不備を反省した。「日本では履歴書を詮索することはなかなかしないですよね。相手との信用関係もありますし。でも、これからは私たちも気をつけないといけない。とにかく残念。この一言に尽きます」とコメントした。

そういえば、山本一郎氏、その「とくダネ!」にご出演されていませんでしたっけ?

 

[追記]

さて、こちら、もしかすると山本一郎氏ご本人がお読みになるかもしれませんので、ここで個人的な山本氏へのメッセージを最後に書いておくことにします。山本氏以外はここで本稿閉じていただいて結構です。

山本さん、私のこと覚えていますか?

2年ほどまえに山本さんが、とある女性タレントの出自と国籍について書かれた記事をtwitterでRTされていたのに対して、メンションしたものです。

その時、山本さんに、なぜその記事をRTするのがいけないのかと、放送禁止用語で罵倒され、ブロックされたものです。

あの記事そのものは出自をたんたんと書いたものですし、すでに公知されているものですので、確かに山本さんがそういう反応を示されるのもわからなくもないです。ただ、あの記事にぶらさがるコメント欄を承知されていたんでしょうかね。

2ちゃん出身といえる山本さんが、記事に付帯する匿名のコメントがコンテンツの一部ではないなどということは言わないですよね。

もちろん、あれが他の人がRTしたのならば、別に取り立てていうことはなかったでしょう。ああ、ろくでもないコメントがぶら下がる不用意なサイトをRTしているな、程度の話です。ですが、山本さんは違う。かつて、山本さんがどんな国籍・民族差別発言をしてきたか。いわばネトウヨから「転向」されているとしても、それを決して忘れられない人がいるのですよ。

山本さんの、普段ご披露いただいている様々な見識や論考には感心させられることも多いです。ですが、このままでいいんでしょうか。テレビに出るようになったから、そのような差別発言は不用意だとしてやめている、ということならば、本質は変わってないんじゃないですかね。わたしはあのリツイートにそれを少し見たような気がします。

山本さんが、見事な罵倒芸で切り捨ててブロックし、批判を素知らぬ顔をするのはご自由にすればよいことでしょう。しかし、それは本当に山本さんのためになることなんでしょうか。

そんなことをこの記事をまとめながら思いました。今後のご活躍を切にお祈りいたします。

 

関連記事


Top