カテゴリー: サッカー映画

エルドアン大統領に「ハユル!(嫌だ!)」を突きつけた、トルコの世俗派とサッカーサポーター

 tumblr_mnw322McxC1qaznnlo1_1280

 

 

トルコの世俗派とエルドアンの対立

現在、トルコでは軍部を一部とされる勢力がクーデターを起こしている。事態は進行中で、現地から入ってくるニュースも、まだ真偽不明なものも入り混じりながら曖昧模糊としている。そんな状況の中でむしろトルコの騒然とした様子を伝えてくるのは、メディア以外の人達が伝えてくるTWITTERFacebookの情報や動画である。その中には、街に繰り出してきた戦車を迎えて歓迎するような人々の姿もあれば、全く逆に抗議の声をあげに来た人達の映像もある。これは一体どういうことなのか。… 続きを読む

「エリックを探して」(ケン・ローチ監督)-ヨコハマ・フットボール映画祭2011・最優秀作品賞

T0009463q

 

Cantona on Cantona手元に1996年発行のエリック・カントナの写真集”Cantona on Cantona“がある。

写真とインタビューで彼のサッカー人生や私生活までを綴ったファン向けの一冊。

マンチェスターUtdのオフィシャル本で、価格は14.99ポンド(2,000円)。

96年はちょうどマンチェスターUtdがFAカップとリーグを優勝して「ダブル」を勝ち取った年である。

そのまま引用してみよう。… 続きを読む

サポーターのグローカルな世界闘争 「ロミオとジュリエット」と「クラシコ」 / 映画のなかのフットボールフィールドワーク第二回

00.jpg
映画のなかのフットボール・フィールドワーク 第二回はコチラ
サポーターのグローカルな世界闘争と題して、インドネシア映画「ロミオとジュリエット」と日本の未公開ドキュメンタリー「クラシコ」について。
c01.jpg09.jpg

続きを読む

パーミンダ・ナーグラにベタ惚れのサッカー青春映画 / 「ベッカムに恋して」 グリンダ・チャーダ

bend_it_like_beckham_ver1.jpg
「ベッカムに恋して」公式サイト
おおよその硬派なるサッカーファンは、タイトルだけでこの映画を見ることを避けただろう。そして自分もどちらかというと、その一人である。
けれど、この映画は面白い。
「イギリス製サッカー映画」としてこの映画を見に行けば、簡単に肩透かしを食らうのは間違いないだろう。
photo_06_hires.jpg
主人公は、イギリスの郊外の町のインド系イギリス人のミーハーなサッカー好きの女のコ。
たまたま通りかかった地元の女子サッカーチームの華奢なFWの女のコに誘われて、親の反対を押し切りながらチームに加わり、そして活躍を重ねていく。… 続きを読む

遠い遠い北朝鮮サッカー 「クロッシング」 / 映画の中のフットボール・フィールドワーク【1】

サッカー瞬刊誌サポティスタにて、「映画の中のフットボール・フィールドワーク」の連載はじめました。
サッカー関連映画はコチラにて書いていきますので、よろしくお願いします。
第一回は、「遠い遠い北朝鮮サッカー」
「クロッシング」 キム・テギュン監督作品〔韓国〕
「奇蹟のイレブン」 英BBC作品〔イギリス〕
です。
crossing_poster1_J_540x780.jpg

続きを読む

サラエボとアルゼンチンの反米思想のライン /「マラドーナ」 エミール・クストリッツァ

maradona_affiche.jpg
ブログを移転して、はじめてサッカーネタに触れます(笑)
クストリッツァのドキュメンタリー映画、「マラドーナ」です。
さて、映画の中で、「マラドーナ教」(“神の手”教)というのが出て参ります。
聖なるマラドーナを讃え、洗礼の儀式は神の手ゴールを信徒が再現するし、ファン同士の結婚式まで執り行ってしまう。
そのときの安っちょい祭壇に安っちょい格好で出てくるマラドーナ教の司祭が、聖典として手に持つのは、”Yo… 続きを読む

Top