『はだしのゲン』に対する批判への反論(2)日本軍の残虐行為について


FireShot Screen Capture #110 - 「はだしのゲン」過激描写理由に「閉架」に 松江 NHKニュース - www3_nhk_or_jp_news_html_20130816_k10013832591000_html
マンガ『はだしのゲン』が、在特会一派の圧力により、ちょっと民主的とは言えないかたちで松江市の学校での閲覧制限になった話の続きです。
これについて、前回のブログ『はだしのゲン』に対する批判への反論(1)「原爆が戦争を終わらせた」というセリフについてでは、この偏った考え方をする人たちが、『はだしのゲン』は事実にないことが書かれているので、生徒に読ませるべきではないとの主張をしているということで、これについての反論を前回書きました。
今回はこれに続いて、「事実にないことが書かれている」としているものについて検証してみることにします。


Q:『はだしのゲン』に書かれている日本軍兵士の残虐行為はなかったのでは?
A:多数の記者や兵士の目撃談や証言があり、またそれを行った人の証言すらある厳然たる事実です。

keygen2.gif
こういう証言から始めてみましょう。

「南京では上の言うことを下が聞かず、軍紀の抑えがきかなくなっていた。(中略)南京虐殺があったとか無かったとか論争があるようですが、当時は関係者の多くは事実を知っていたんです」(徳川義寛元侍従長「侍従長の遺言」)

別に南京には限りませんが、日本軍の占領地での残虐行為はいくつもの証言があります。
かつて小林よしのりが『戦争論』というマンガで、この南京大虐殺はなかったという論をはってから、ネット上ではそういうトンデモな情報が流通するようになりました。
確かに犠牲者数は中国側の数値は過大になっているのではないかと推測できますが、少なくとも日本政府もこの残虐行為(捕虜・民間人の虐殺、略奪や強姦など)があったことはすでに認めています

1.日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。
2.しかしながら、被害者の具体的な人数については諸説あり、政府としてどれが正しい数かを認定することは困難であると考えています。
3.日本は、過去の一時期、植民地支配と侵略により、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたことを率直に認識し、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを常に心に刻みつつ、戦争を二度と繰り返さず、平和国家としての道を歩んでいく決意です。
外務省HPより

また少しでも戦記や史実を調べれば、大半は国のためを思って純粋に戦ってきた人で、占領地でも現地の人々との友好を保ってきた人もいるなかで、今となっては目を背けたくなるような行為が多数あったのは事実と断言できます。
これらの証言や記録は枚挙に暇ありません。
まず書籍を一冊だけ推薦しろということであれば、もっとも実証的な論考となっている以下をおすすめします。
南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)
南京事件―「虐殺」の構造 (中公新書)

こちらは書籍になりますので、ネットでリンクを貼れるところを以下羅列していきましょう。

城壁の上で一列に並べられた捕虜が一人一人銃剣で突き殺されていた。
http://homepage1.nifty.com/SENSHI/book/objection/6mokugeki.htm

強姦をしなかった日本兵等ほとんどいなかった。女性は強姦されたあとは必ずといっていいほど殺された

http://jjkuni.tripod.com/html/nankin1.html

日本軍によって、無実の子どもから大人まで、妊婦から母に抱かれた幼児まで、七十人も銃剣で突かれて焼き殺された(フィリピン)

http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20130425/1366899929

日本兵は、重傷の老人と姉、老人を運ぼうとした二名、合わせて四名全員を射殺した(当時の同盟国ドイツの大使館員の証言)
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/d/%B2%A4%CA%C6%A4%CE%C2%E7%BB%C8%B4%DB%A4%E2%BB%F6%B7%EF%A4%F2%B5%AD%CF%BF%A4%B7%A4%C6%A4%A4%A4%BF

赤ちゃんだった妹は、床にたたきつけられて殺され、母は強姦されたあと刺し殺されました(被害者の証言)
http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/nankin2.htm

気絶していた娘の膣に、そばに転がっていた一升びんを突っこみ、どこまで入るか銃底で叩きこんでみた
http://www.geocities.jp/yu77799/souka.html

こういうのは山ほど出てきます。
なぜ、こういう事例が最近のネット上ではまるごと「なかった」ということになっているかといえば、もともとこの犠牲者数が何人かを論争しているうちに、中国側が発表していた30万人はいくらなんでもおかしいだろうというところから始まり、そのうちその数はウソだ→そんな残虐行為は存在しなかったということになったわけです。
確かに中国側主張の30万人は大きすぎる数字ですが、先にあげた秦郁彦氏の推測にある4万人の犠牲者数というのはあながち間違いではないのではないかと思います。
以下、これらの事実をまとめた大変参考になるサイトです。
南京事件-日中戦争 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/
南京事件FAQ
http://wiki.livedoor.jp/nankingfaq/
ところが、これに対して「南京の虐殺行為はなかった」とか「日本軍の規律は良かったし、現地にも感謝されていた」などということを億面もなくいう人がいるんですよね。
これらの証言は、当時政府に反軍的なことを書くことを弾圧されてきた新聞記者や他国の外交官、ジャーナリストや小説家、さらにはこれらの殺害や虐待に加担してきた人が実際に戦後に話してきたことです。
なので、これらがすべて捏造ということになるとみんながみんな口裏あわせて一斉に壮大な規模でウソをついていることになるわけです。
ところが、南京大虐殺の写真がウソだとか数字が違うとか、細かい錯誤や瑕疵を見つけて、だから全部なかったんだというレトリックを駆使する人がたくさんいて、本当に困った状態になっています。
中国で日本の軍事主義に対する警戒があり、旭日旗などにも激しい抵抗があるのは当たり前ですよね。これらの残虐行為の先頭には旭日旗があったわけですから。ところがそこにすら想像がめぐらせない人がいる。
あげくの果てに『はだしのゲン』はウソが書いてあると。なにをかいわんやです。
繰り返しますが、大半の兵隊さんはこんなことはしてなかったと信じています。ただし、一部の地域では確かに起こっていて、そういう軍紀の乱れはすでに上層部のコントロールが聞かないところまで進んでいたのです。これが「なかった」などというのは、本当にまじめに戦った兵隊さんにも失礼ですし、さらには被害にあった国々の方々を怒らせるのは当たり前ということになるのです。

こちらとか決定的ですね

日本人の著作に観る「南京事件」

関連記事


5コメント

 Add your comment
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    いわゆる南京事件において、はだしのゲンにある日本軍の残虐行為は存在しなかったことを証明する貴重な資料が存在します。
    それは北京の聖者と呼ばれた日本人クリスチャン、清水安三氏の資料です。
    清水氏のことは、朝陽門外の虹として山崎朋子氏(サンダカン八番娼館著者)が上梓されています。
    当時、中国に在住し中国の為に献身し、日本を非難し、在中邦人、その他一部の日本人からは国賊と非難された清水氏はジャーナリストとしての側面をも持ち日本へ情報発信していました。
    その彼が南京事件を悲しみ日本へリポートしている当時の貴重な資料です。
    内容は長いので割愛しますが、興味がおありならば、彼が帰国後立ち上げた桜美林学園より、石ころの生涯として刊行されていますのでお読みになれば、中には外国人牧師の証言も出てきます。
    それと通州事件あたりから総体として経緯を取り上げなければ二重規範、ダブスタというやつでしょう。
    管理人様は何もかもわかってのことでしょうが、
    ネットの時代はいいですね、反日プロパガンダから事実に目覚め日本を愛する若者が増えています。
    管理人様の主張も同じく愛国者を増やす一助となりますので歓迎です!
    オット はだしのゲンもです。

  2. SECRET: 0
    PASS: 9f1c505d1b8a1e7f83c478dee298161b
    小林よしのりは『戦争論』で南京大虐殺は無かったなんて書いてませんよ。秦郁彦先生と同じ論調です。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    小林よしのりは『戦争論』で南京大虐殺は全く無かったなんて書いてませんよ。
    秦郁彦先生と同じ論調です。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そりゃ虐殺行為はあったでしょうよ 戦争ですから
    虐殺行為をしなかった軍隊があったら教えて欲しいもんです
    あ、自衛隊は虐殺行為をしてないですかね今のところ
    ただ、南京で30万人も虐殺されてないでしょ 盛るなよって言ってるだけ
    あったかなかったかの問題にしようとするのはやめましょうよ

  5. たちゃんぬ

    「有ったか無かったの話にするなよ」じゃないですよ。
    有ったか無かったかは重要です。有ったんですよ。

    「数の話で誤魔化すなよ」と言いたい。
    30万人ならダメだけど4万人ならいいってわけないでしょうが。

    過ちの歴史から目を背けるのは、日本の誇りを傷つける愚かな「反日」行為ですよ。

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top