前半:香港ノワール、後半:フジテレビ / 『コネクテッド』 

◇「コネクテッド」公式サイト
l_p1014050112.jpg
ユーザー・レビューがよかったこの映画、今年の振り返り作品として、池袋の新文芸座が一日だけかけていましたので行ってみました。
平和でそれなりに慎ましやかな生活風景が、突如クルマの激突シーンから一転していくオープニングは見事なり!
降格して交通警備隊勤務の元刑事役は、ジョニー・トーの香港映画でおなじみのニック・チョンもよかったです。なんだか、あの人出てくると安心するんですよね。
そこから先は、香港ノワール調のサスペンス。ヒッチコックばりの映画の王道を行く謎解き展開も自然にストーリーに消化されていて胃もたれせずに楽しみ・・・だったですが、それも途中まで。
そもそも、主役のサラ金の取立て稼業(?)に勤める主人公のコートが、最初からなんだか「踊る大捜査線」の織田裕二を彷彿させたわけなんですが、結末はまさにフジテレビ映画のサスペンス的展開。
いやー、ここから先にこうしちゃうとイモっぽいだろ?垢抜けないでしょ?という心の中のつぶやきに、ことごとくノリ突っ込みして、いけない方向に進んでしまうわけです。
リメイクだそうですが、元のハリウッド作品は観てません。まあ、カーアクションやうまくはめ込まれた笑いのシーンもよかったですけど、そこまでですかねえ。
当日は、数日来ひいていた風邪のため、市販薬を飲んだうえで、やや朦朧としながら観た映画でしたが、まあそういう視聴環境で観るぐらいがちょうどよい感じです。
FWF評価:☆☆★★★

関連記事

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top