岩井俊二にゴメンナサイ / 「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」 【映画】

横浜黄金町ジャック&ベティの「岩井俊二監督特集」にて。
1196080546.jpg
「花とアリス」「リリイ・シュシュのすべて」「スワロウテイル」「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」「PicNic」がラインナップとあって、今まで、自分のまわりの岩井俊二監督信者の方々の賞賛の声にめげず、「スワロウテイル」以外は観てこなかったのですが、ここで一挙に観てみることにしてみた。
唯一のリアルタイムでの鑑賞作品である「スワロウテイル」は今回は観てません。
緊密で機知に富んだ世界観の面白さや、映像の美しさや音楽的な魅力がある一方、最後にドッカーンとバズーカ砲が出てくるヲチにずっこけた10年前の思い出があります故。
さて、この作品以外の今回の岩井俊二特集のレビューもそうだったんですが、結論として、この監督と自分は肌が合いません。
監督が考える残酷さやせつなさと、自分の感じる残酷さやせつなさのポイントが、あからさまにずれているからだと考えます。
ずれているから、すりへったギアヘッドのように、物語回しがかみ合わない。ただ、美しい映像や極めて魅力に富んだ役者の演技が、カラカラと空回りする。
結末はいつも大きな余白が残されているのだが、その余白はあまりにも広すぎる。
「最高傑作」ではないかと評判の高いこの作品も同じく。
まあ、テレビ作品のリメイク劇場版だから大目に見るべきなんでしょうが。
結論として、岩井俊二はゴメンナサイということになりました。
こういう人もいるということでお許しくださいませ。

関連記事

コメントをどうぞ

入力されたメールアドレスは公開されません。

Top